行雲流水(所長の雑感)

当事務所は、関与先の皆様への情報発信として、1993年より毎月「The Midorikai Times」というペーパーを発行しています。
その中の、所長が思いつくままに体験や感想などを綴った記事を「行雲流水(所長の雑感)」としてこちらへ掲載してまいります。

※ 掲載記事はあくまでも個人的主観による記事であり、当事務所のお客様へ向けた内容となっております。ご了承ください。

vol.300「初めての山形」2018.8

    地上は37.5度の猛暑なのに、月山にはくっきりと雪が残っています。その月山から流れ出る寒河江川のほとりに、「清流・庭園・山菜料理の玉貴」がありました。玄関から部屋を通り抜け、「七夕飾り」が飾られている縁側へ出ると、寒河江川の清流がとうとうと流れています。対岸にはここ専用のお社が祀られ、それにむかって、夏越しの「茅の輪くぐり」が設えられています。山形市から西へ30キロぐらいでしょうか。女将の話ではこの川は東流して山形市から北上し、最上川となり、月山をいただく磐梯朝日国立公園を大きく迂回して、酒田市から日本海へそそぐ長い長い川ですと、説明がありました。茅の輪くぐりから、二礼二拍手一礼の礼拝を済ませ、部屋に戻るとすでに冷たい地ビールと料理が用意されていました。先月6月30日のお昼でした。

 さすが「山菜料理」と銘打つだけあって前菜は山菜づくし、箸紙には春夏秋冬42種類の山菜の名が印刷されています。仲居さんに今日の山菜はと聞くと、しどけ(モミジガサ)木の芽(あけびの芽)ぜんまい、うど、月山細竹(ねまがりだけ)、みず(ウワバミソウ)と印をつけてくれました。あとは塩焼きの鮎がメインの山形の懐石、京都とは一味違う美味を堪能しました。

 30年ほど前になりますが、京都が本店の日本LCAという会社がありました。日本の企業の大多数は当時ドラッカーに代表される経営哲学を基本に経営計画を作成し、経営者や管理者教育を実施しながら高度成長を続けていました。しかし中小零細企業に関してはそのノウハウを学ぶ術(スベ)が存在しませんでした。そこで日本LCAは会計事務所に対し、コンサルティング養成講座を提案しコンサルを養成し、会計事務所がその顧客に対し経営指導が出来るようなフランチャイズ企業を興しました。私もフランチャイズに参加し、お客様に、経営計画作成、経営者養成講座、管理者教育などを実施しそれなりの成果を上げていました。日本全国で会計事務所系のコンサルが多数誕生し、日本LCAもその子会社ベンチャーリンクとともに上場を果たし、順風満帆のように思えました。

 しかし高度成長が終わると中小零細企業には教育予算を計上する余裕がなくなり、私もここから撤退しました。全国の会計事務所系コンサル会社も似たような事情だったのでしょう。数年前に日本LCAも上場を廃止し、そのまま音信不通になっていました。昨年元社員の一人からLCAの同窓会をしませんかという連絡があり、久々に東京で旧交を温めました。今回はその第2回、山形のS先生が企画していただきました。集まったのは札幌のN、東京のS、横 浜のM、徳島のKの諸先生と私、それに日本LCAの元会長と従業員2人の計9名でした。

 東海道新幹線と山形新幹線を乗り継いでほぼ5時間、山形駅に降り立ち直ちにS先生のあさひ会計へ。山形県を中心に東日本一円に展開される大きな事務所でした。ここで最近出版されたMQ会計の講義を受けました。損益分岐点を1単位に分解し、簿記がわからなくても経営が見えてくるという、ユニークな発想で使えそうです。いずれ近いうちに皆さんに使ってもらおうと考えています。

 このあとタケダワイナリーに移動。タケダワイナリーは北海道洞爺湖サミットで、純国産のワインを提供して有名になりました。ついてみると東に蔵王連峰を望む素朴なワイナリーで、工場の周囲に広がるブドウ畑の中に鄙びた工場がありました。ここの試飲室で赤、白2種のワインをいただきました。多分サミットで使われたワインだったのでしょうか。お泊りは、かみのやま温泉名月荘。全室離れの高級旅館の名のとおりゆったりとした旅館でした。

 翌日は早朝から山形名物サクランボ狩りに農園へ。多分S先生の顧問先なのでしょう。到着するなり、親しげに大歓迎してくれました。早速すぐ近くの農園に入り込み、自由にサクランボを取り放題、食べ放題、木から直接つまんで甘さがあふれた可愛い実をたっぷり頂きました。そのあと「斉藤茂吉記念館」へ。斉藤茂吉はここ上山市の出身だということは初めて知りました。そして冒頭の山菜料理「玉貴」へ。

 山形市内は近代的な都市なのですが、ほんの30分市街を離れると、東は蔵王連峰、西は月山に挟まれた豊かな田園風景が広がっています。なんの土地勘も予備知識もなく、6月29日12時山形駅集合、30日午後2時30分山形駅解散、の案内だけを頼りの短い旅でしたが、思った以上に豊かな2日間を堪能してきました。

2018年 8月

   松田 進

ブログバナー
経営アドバイス・コーナー

近畿税理士会所属

お気軽にお問合せください。
松田進税理士事務所
TEL:075-361-3450

松田進税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。